し〜ざ〜のブログ☆
映画の感想がメインかな・・・。
感想には多少ネタバレも含まれている可能性がありますのでご注意ください。
<< ノー・カントリー ☆☆☆☆* | main | パラノイドパーク ☆☆☆☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フィクサー ☆☆☆☆

Michael Clayton [Original Motion Picture Soundtrack]

内容は非常によかったし,演技もよい。
後一歩何かひと味足りないのは,監督の技量なんだろう。
これから期待したい。

シドニー・ポラックが渋くてよいね。
ジョージ・クルーニーはよいのだけど,やっぱりERのロス先生が一番いいと思ってしまう。
アメリカのドラマで人気が役が定着しすぎると降板したがる俳優が多いのもわかる気がする。
一生ドラマの中の役でみられるのもたいへんだ・・・。
CSIのスピードルも・・・もっと見たかったのに。

というわけで,フィクサー。
アメリカの訴訟問題について。農薬訴訟の裏側を描いたもの。
実話も参考にしたフィクション。
フィクサーというと凄いやつっぽいけど,この作品ではしょぼさがいい。
フィクサー(もみ消しや)しかできなかった男という感じのジョージ・クルーニー。

3000億の訴訟の行方をめぐって・・・。

非常によいと思ったのは,人の心の葛藤を直接的に描いていない所。
行動や背景が語ってることや,ちょっとした表情,汗や身体反応など細かい所で描いている。
だからこそ,リアリティのある雰囲気や,追いつめられていく心境が伝わってきます。
その為に,全体の派手さがないので,あと一歩なのかもしれないですね。

でも,持てよかったです。

今週末からは,「大いなる陰謀」と「パラノイドパーク」を予定。
| 映画 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 00:05 | - | - |
この記事のコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://geregere.jugem.jp/trackback/143
トラックバック
シドニー・ポラック 死去 
シドニー・ポラックが5月26日、がんのためカリフォルニア州の自宅で死去した。シドニー・ポラックは、『トッツィー』、『愛と哀しみの果て』などの映画監督で、プロデューサーや俳優としても活躍した。シドニー・ポラックは家族にみとられてその73歳の生涯を閉じた。
【2008/05/27 6:28 PM】 キーワード宅急便 |
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
最近の出来事
コメント
日記ジャンル
過去ログ
トラックバック
リンク
プロフィール
SEARCH

▲ PAGE TOP